セミナーで何を学べるか|貿易の仕事をするためには何よりセミナー参加が重要です

セミナーで何を学べるか

セミナー

貿易業務では何がもとめられるか

貿易に関する業務は、何より正確さが求められます。そのため、書類作成や国際的な商業慣習などに対する専門知識が重要です。また、ビジネスマナーや語学力などのコミュニケーションスキルも必要となるため、実践的で幅の広い知識が求められる事になります。

未経験から始めるには

貿易未経験の方は、セミナーに参加すると良いでしょう。貿易に携わる業務には、専門知識が要求されます。それらを独学で身に付けることは大変困難ですし、また身に付いたつもりでも見落としがでてきてしまいます。しかし、セミナーを受講すれば必要な知識を余すところなく身に付けることが出来ます。

セミナーで身に付くスキルとは

貿易に関するセミナーでは、受講者の経験に合わせたコースが用意されています。貿易に関する業務の流れや基礎を解説する初心者向けの講座から、貿易実務に必須とされている貿易実務検定の合格を目指す講座など、実践的な知識を身に付けることが出来ます。また、実際にセミナーに参加者した方の声を聞くことも良い勉強となるので、どんどん聞いていきましょう。

セミナー参加者の声

どのような仕事をするか分かった

貿易関係の仕事に憧れはあっても、実際にどのような業務があるのか分からずに、不安でした。ですが、セミナーを受講して、実際の業務について学ぶことが出来たため、より具体的な目標を持って勉強することが出来ました。

業務改善に役立ちました

貿易関係の部署を立ち上げたばかりで、ノウハウが足りなかったため、日頃から業務が滞りがちでした。セミナーに参加してからは、業務の無駄な部分が削ぎ落とせるようになり、効率的に業務をこなせるようになりました。

未経験でも貿易事務に成れました

セミナーで必要な知識や、その習得メソッドについて丁寧に指導して頂き、念願の貿易事務として勤務することが出来ました。自分だけでの学習では、不可能なことだっただろうと今でも思っています。本当に感謝しています。

経験に基づいた知識を得られた

改めてセミナーに参加して、講師の実体験に基づいた話を傾聴することで、自分一人では気付くことが出来ない問題点に気付けた。より良い経験を積むために、今後もまた参加してみようと思っている。

曖昧な知識を確実なものに出来た

事務として勤務しており、また英語が得意なため貿易会社での勤務に興味を持ち、勉強を始めました。しかし、曖昧な部分が多く、実践には程遠いと感じていました。セミナーでは質問も受け付けていたので、これらの疑問を晴らせました。